オリジナル曲「Jazzy saxophone 」(JAZZY)

作曲・ストック曲制作日誌

タイトルは何もひねりなしの 思い付きだけです💦

めずらしく こんなジャジーな曲を作ってしまったので せっかくなんで少し解剖します。

パートはサックス、ピアノ、ギターが2本(そのうち1本は音源です)、ベース、ドラム、です。

ギターの生演奏パートはストラトのフロント&センターのハーフトーンで、AmplitubeのTWIN REVERBモデルで軽い感じを意識して弾いてます。

 

1番下のトラックはドラムのフレーズパターンMIDIファイルです。
最近は自分で打ち込むより、こうやって音源に付いているリズムパターンを使うことが多くなってきました。

コチラの方がリズムが凝ってますから良いです。ついでに言うとオカズなんかもすべて付属のMIDIファイルです。

この曲の目玉であろうサックスはこれを使ってます。
今回は「Growl」という奏法を主に使いました。「唸る」ような絞り出す感じの音色です。すごく色気があってエッチ(?)な音です(笑)

 

ベースはこれです。だいたいの曲でこのベース使ってます。お気に入りの1本です。

ちなみに ここまでの音源はNative Instruments社が出している「KOMPLETE」というバンドル品の中にある音源です。(このベースだけは上位バージョンにしか入ってません)

 

曲の大半のバックで刻んでいるギターパートはacoustic samples社の 【Strategy】というストラトをモデリングした音源です。詳しい使い方は過去記事であります。よろしければどうぞ。

打ち込みにはある程度 慣れが必要ですが そう難しいものではないです。

下のピアノロールがメインの打ち込みなのですが、3つの部分に別れます。

  • :コード指定用のノート・・・コード指定もそうですがこのコード用のノートが伸びている間、音は伸びます。 歯切れよく短く音を切りたい時は このコード指定のノート自体を短くしないとダメでした。
    他にも方法はあって、G#4とA#4を押しても音は切れます(微妙な違いがありますが)
  • :実際にギターを鳴らすタイミングを指定するノートです。C4がダウンストローク(ジャラーンと鳴らす)のスイッチで C#4はブラッシングミュート音のスイッチです。
    ちなみにD4とD#4はアップストローク用のスイッチです。
  • :これはコードカッティングの時、1フレット手前から滑らすように鳴らしたりしますよね? あれ用のスイッチです。実際つかってみると すぐに分かります。

コード指定のノートはベロシティは関係無いですが ストローク用はベロシティでノリも変わって聞こえるので注意です。

 

では、出来上がりを聴いてみて下さい。

場末のバーの片隅にてたたずむ男、サックス 著作権フリー音源・音楽素材 [mp3/WAV] | Audiostock(オーディオストック)
BGM(インスト)素材「Jazzy saxophone」の作品ページです。大人の・・・アダルティな雰囲気、情熱的なアルトサックス、お洒落で小粋なピアノ、ジャジーなギター・・・ あやしげなミステリアスな都会や夜の静かなシーンに最適だと思います。

まぁ、「〇〇風」みたいな なんちゃって感は ありますが😓

自分のリンクいろいろです😄

 

●Audiostockに登録してある作品ページ

 AudiostockでBGM・効果音を販売しています!

●Twitter

●TypeBeat系の自作曲を置いてあります。

●プラグインの紹介・使い方、自作曲など

 

●mail(もし何かご用命があれば)

drum.brust@gmail.com


コメント