StudioOne:Songデータ保存に関して

Studio One

StudioOneで作った曲データは もちろんハードディスクなどに保存していると思います。最近だとクラウドとか使っているかもですね。

ところで みなさんは曲データを保存するときデータ内の「断捨離」してますか?

ぼくは この何十年の間、作った曲のデータは そのまま保存してました。・・・いや、別に普通のことだと思われるでしょうが データ内の「断捨離」を心がければ データの容量が10分の1くらいになって ビックリしているところです。

ハードディスクだって無限に保存できるわけではないし、クラウドだって同じことです。

ということで 僕が曲データで要らないもの、破棄しても 差支えないものを つらつらとお話していきます。

ここでは 僕が使っている「StudioOne」というDAWのことについてお話しています。他のDAWについては 分かりませんので そこのところはご了承ください。<m(__)m>

では 実際のSONGデータを見てみましょう。

黒ラインで伏せてあるのはプライベートなところなんで勘弁を・・・😅
上から1つづつ見ていきましょう。

Bouncesバウンスデータは曲中で使ってるので消せないね。
Cacheキャッシュデータです。試しにフォルダごと消してからSONGを呼び出してみましたが・・・特に何も問題ありませんでした。ここも まぁまぁ容量占めてますので節約にはイイかと思います。
History今回の「肝」がここです。ここはWindowsで言うところの「復活ポイント」がずらっと格納されてます。もうすでに曲として出来上がっているので 「復活」ポイントは要らない→よって 僕はフォルダごと ゴッソリと削除しています。
下手すると100MB単位で削減出来るので かなりの容量節約になりますよ。
Media自分で録音したデータが主です。消せれる・・・わけないです。😅
Mixdown文字通りミックスダウンした曲のデータです。ま、これもデータ自体あれば何度でも作成できるので 要らないっちゃ要らないですが・・・消さないですよね😅

この表を見てもらうと分かりますが 「Cache」と「History」を丸ごと消すと かなりの容量節約になります。ときに何百MBの節約になることも・・・😆

「Cache」は描画の為のファイルみたいでフォルダごと削除しても再度曲データ立ち上げると、また復活しています。ですので削除してもよいと思います。(うちでは何も支障ございませんでした)

これでハードディスクの残容量の心配ともおさらば(?)ですね。

あと気を付けてること

自分の録音したオーディオファイルで使ってないファイルは消すようにしています。
方法は「ソング」タブ→「使用されていないファイルを削除」です。

気を付けていると かなりの容量節約になるので 是非データを見直してみてはいかがでしょうか?

 

自分のリンクいろいろです😄

 

●Audiostockに登録してある作品ページ

 AudiostockでBGM・効果音を販売しています!

●Twitter

●TypeBeat系の自作曲を置いてあります。

●プラグインの紹介・使い方、自作曲など

 

●mail(もし何かご用命があれば)

drum.brust@gmail.com

コメント