DTM :初めて機材を買う! 作曲の為のソフト編

楽器

DTM :初めて機材を買う! ○○編、前回はパソコン編でしたが今回はそれに続いて必要性の高いものから書いていきたいと思います。

DAWソフト(作曲ソフト)

世間では色んな呼び名がありますが一体、どういったことが出来るソフトか?というと

  • パソコン内に自分の声や演奏した楽器の音を録音出来る、

 

  • 音源に対して「どの音階を、どういったタイミングでどの位の強さ(大きさ)で鳴らす、という命令を打ち込める。

録音ではないよ「MIDI打ち込み」といいます。楽器の音色の入った機械やソフトがあって、それに演奏させる為の命令です。「自動演奏」させるということです。

 

  • 記録した(録音した)音に対して編集できる(ほぼ何でも修正や変更が出来ます。)
  • メロディーを変更する
  • 楽器を変更する(音源使用時に限る)
  • エフェクト(特殊効果)をかける
  • 曲のスピードを変える

 

  • 音のバランスを整える、最終的にステレオファイルにする。

 

あなたのオリジナルソングの出来上がりです。

 

おおよそですが、そういったことが出来るソフトです。パソコンを買ってから次にこういったソフトを買う、またはDEMOを試すなりしてソフトと自分の相性を確かめましょう。今はフリーのソフトでも一通りのことが出来てしまうソフトもあったりするのでそこは各々の環境(資金、本気度)に合わせて選んでもらえればいいです。

個人的なオススメ

ぼくの使っているソフトは「Studio One」といいます。このソフトはグレードがありまして「Professional」「Artist」「Prime」の3種類です。この内「Prime」は無償で使用できるという太っ腹なことをしてくれています。まぁ、最下位グレードですしなんといってもタダなので機能が端折られている部分もいくつかありますけど、それを差し引いても凄いと思います。

世の中にはホント沢山の作曲ソフトありますよ。僕も今まで使ってきたのは4つくらいなんですけどこの「Studio One」がダントツで使いやすかったです。全く今までそんなソフト触ったことがないという人は流石に「すぐに使えます」とは言えないけれど、好きで続けられる人にとっては一番オススメ出来るソフトですね。

欠点は僕にとっては無いと感じてるんですけど巷では「MIDI関係が他に比べて弱い」
というのはネット上でよく見かけます。これも僕にとっては「???」で何が弱いのか分かりません。僕が今まで使ってきたソフトに比べて「これが出来ない、これが足りない」というのが無いんですよね~、完璧だと思いました。

これから「始めるぞ」って方は無償だし一度試す価値は十分にあるソフトです。
使い方なんかの記事もちょくちょく書いていきたいですね。
では今回はこの辺で、良きDTMライフを!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント