使いやすい! Serato SAMPLEを試してみた。

プラグイン音源

最近知ったプラグインのサンプラーで「Serato SAMPLE」と言います。(まだ試用版ですが😓)→最近 購入しました!

Serato Sample
Serato Sample, Serato Sample plugin, buy Serato Sample, download Serato Sample trial, Serato Serato Sample

すごくシンプルなデザインですね。無駄に凝った画面よりかは好感を持ったのは僕だけでしょうか?

簡単に何をするのが目的かというと

  • フレーズ(もしくは曲)を取り込んでキューポイントを入れていく。(同時に鍵盤にもアサインされている)
  • 適当(笑)に鍵盤を弾いて新しい曲が出来上がる。

簡単でしょ? でも実際そーなんですよ。これなら作曲経験なくても出来てしまうと思います。
では早速使い方を簡単に・・・

ファイルを読み込ませる

サンプラー本体にドラッグ & ドロップするだけ(笑)

波形のスタート地点を決めてキューポイントを打つ

波形表示部分をマウスで掴んで左右に動かすことが出来るので 真ん中にある白い線にスタート地点を合わせて一番左下のパッドをクリックするとキューポイントが打ち込まれます。鍵盤ではC1になります。

好きなようにキューポイントを決めていく

いくつか方法がありまして・・・

再生しながら

下準備

この方法やる前に黄色円に二つのマークがありますが下の矢印みたいなマークを選んでおいて下さい。(実際 演奏する時はお好きなほうを)

ちなみに説明しますと・・・

  • 上のマーク・・・押している間だけ再生されるモード
  • 下のマーク・・・押したら再生し続けるモード

再生しながらキューを打つ

となりの再生ボタン(もしくはスタートキューポイントを指定したパッド)を押すと再生が始まるので好きなタイミングで空いているパッド(外部鍵盤からでもOK)を押して次々とキューポイントを入れていきます。もちろん後からキューポイントは移動修正出来ます。

上の図で示した三角のフラッグみたいなのが下の方にもあります。 これを動かすことによってキューポイントからどこまで再生させるかを指定します。

あとは思う存分パッド、鍵盤を叩いてください(笑)

小節・拍単位でキューポイント

まず左下にある「▲」(黄色円)をクリックしてプルダウンメニューを開きます。

拍、小節でキューポイントを入れるには「SET SLICER」を選択して 「SET SLICER」の文字の所をクリックすれば勝手に刻んでくれます。

「SET SLICER」の右横の数字の左右にある◀ ▶で細かくしたり その逆も出来ます。(左右の← →は使い道が分からなかった😓)

「FIND SAMPLE」は なんかエエ感じに刻んでくれるそうです。(何回かやってみたが?だった)
「SET RANDAM」はランダムで刻んでくれるようだ。

サンプル毎に調整

各サンプル毎に(パッド選択してから)音量、フィルター(EQ)、アタック、リリース、リバース、ピッチ、再生スピード、を調整出来ます。

まぁ、だいたい こんなところです。かなり 使い勝手の良いお手軽なサンプラーだと思いました。いい時代になったよなぁ😄

少し不満もあります

他のサンプラープラグインには無かった不満ですが・・・

サンプルも刻んで鍵盤に割り当てられました。例えば鍵盤のC1からC2まで刻まれたキューポイントが登録されているとします。

この状態で割り当てられていない鍵盤(例で言うとC#2~です)を弾くと キューポイントが割り当てられてしまいます。

だから 僕は打ち込む前に「キューポイントを割り当ててある範囲を気にしながら作業しています。

あとは キューポイントが決まった時点ですべて「フェイバリット」にしておけば フェイバリット以外のキューポイントがあれば すぐに気付いて「削除」しておけばイイので・・・

にしても この仕様だけは 何とかならないんでしょうかねぇ・・・😓

でも それを加味しても 使いやすくてイイサンプラープラグインだと思います。

Serato Sample
Serato Sample, Serato Sample plugin, buy Serato Sample, download Serato Sample trial, Serato Serato Sample

自分のリンクいろいろ😅

 

●Audiostockに登録してある作品ページ

 AudiostockでBGM・効果音を販売しています!

●Twitter

●TypeBeat系の自作曲を置いてあります。

●プラグインの紹介・使い方、自作曲など

 

●mail(もし何かご用命があれば)

drum.brust@gmail.com

コメント