Studio One の小技:ノート(音符)の長さ

Studio OneStudio One

曲を作っている際、僕が普段よく使うんですが「みなさん知ってるかな?」的なことをお知らせしたいので このようなコーナー(?)を書こうと思いました。

早速ですが どういった小技なのかというと・・・下のピアノロール画面をご覧ください。

ノート間が少し空いてますね。1部分だったら手作業でも平気ですが、これが数か所ともなると面倒なので

まず処理したいノートを全部選択してから下の図の「音楽機能」→「長さ」をクリックします。

そしてこの画面で「レガート+オーバーラップ修正」にチェックを入れてOKすると・・・

 

以上です、この機能・・・一番「便利だ!」と個人的に上位にランキングされてます(笑) また こんな事 思いついたら報告していきます。 では✋

 MY LINK

 

●AudioStockにて多数曲登録してあります。 是非、お立ち寄りください <m(__)m>

 

●twitter

 

●お試し価格で「リクエスト」受け付けてます。

 

●(おっさんのぼやき)作曲風景やプラグイン・機材のレビューや紹介

 

コメント