BATTERY4 初心者の為の使い方 解説 3 オートメーション

Battery

今回はBATTERYでオートメーションを活用しよう!を目標にお話していきます。
やってみると簡単にできるし、フィルターなんかを外部ツマミでグリグリやって「ウニョウニョ」いわせて遊べますよ!(^^)!

オートメーションの設定の仕方

例としてVolume Envelopeの「Attack」ノブをオートメーション化してみましょう

プラグイン音源「BATTERY4」の画像

「Attack」ノブを右クリックで上の図のようなメッセージが出ます。

 

ホストDAWでコントロールしたい場合

オートメーション化したいパラメーターのツマミ上を右クリックして「Enable Host Automation」を選択
そうするとホストDAWのパラメーターにAttackの項目が表示されています。
(当方Studio Oneしか所有していないので他のDAWでは検証してません)

DAWソフト「Studio One」の画像

 

外部MIDIコントローラーでコントロールしたい場合

オートメーション化したいパラメーターのツマミ上を右クリックして「Learn MIDI CC」をクリックしてから任意のコントローラー(ツマミでもスライダーノブでも何でも)を動かせばそれに割り当ててあるMIDI CCにアサインされて自由に制御出来ます。

 

オートメーションを解除したい場合

オートメーション化されたパラメーターのツマミを右クリックするとクリアをする旨のメッセージが表示されるのでクリックしてクリアします。

 

ねっ!思ってたより簡単にオートメーション化できるでしょ?
あとはDAW側でリアルタイム録音でオートメーション書き込むのも良し、ペンツールでじっくりと書き込むのも良し、色々試して遊んでみてください(^o^)丿

 

今回はここまでとします。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント