MODOBASSとScarbee Bass:操作法を比較してみた

プラグイン音源

僕も少し前にMODOBASSを手に入れまして当初は使っていたんですが最近はNativeInstrumentsのSCARBEE BASSの方ばかり使ってます。
理由は単に操作の慣れの差です。

そこで、今回はこの二つのベース音源の奏法による操作法の違いを見ていこうと思います。
両音源については過去記事もありますよ。

ScarbeeMM-BASSMODOBASS
ハンマリングオン・プリングオフ2つのノートを重ねるだけ2つのノートを重ねて尚且つ、C0(キースイッチ)を入れる。
グリスアップ、ダウンCC64を打ち込んでから色々と~(過去記事参照してください)ピッチベントレバーの上下のみ
ゴーストノートの入力ベロシティ小さめで勝手にミュート音になる。CC23(変更可)を挿入要
ミュートさせるミュート音自体が無いCC16(変更可)でミュートの加減を調整出来る
奏法の切り替え(フィンガー・ピック・スラップ)奏法は1種類のみ(ピックかフィンガーか分かりませんが)キースイッチによって切り替わる

ざっくりとこんな感じですかねぇ。(抜けがあったらごめんなさい)

改めてみるとMODOBASSは、やはり後発の音源ですから機能面では軍配上がりますね。

でも使い勝手からみてみると・・・

  • ハンマリングオン・プリングオフでの操作性はMODOBASSの方が「キースイッチを打ち込む」という一手間がボディブローのように効いてきそうです😅
  • ゴーストノノートもMODOBASSはやはりキースイッチという一手間が・・・

MODOBASSの操作法で「キースイッチを打ち込む」という所は設定でCCにも変更出来ますよ。(逆でもOK!)
そういう意味ではフレキシブルなのかな?

MODOBASSの売りはそういう事よりもシミュレート機能なので操作性だけで優劣は当然つかないですが、僕の場合は昔から使っていて操作も身に染みているNativeInstrumentsの方に軍配が上がります。

時間が無限にあればじっくりとMODOBASSも触ってみたいですね。

ちなみにMODODRUMも所有してます。パソコンの内部で眠っておりますが😅

 

 

コメント